カウンセリングを主体にしたうつ病治療もある

カウンセリングでうつ病の原因を探る

うつ病は、何事にも一生懸命取り組む性格であったり、真面目な性格な人ほど罹りやすいといわれています。うつ病はいつから、なんでうつ病になったかを罹っている本人でさえ、わからないことが多い心の病です。カウンセリングではカウンセラーとうつ病に至った経緯や背景などを話すことで、本人と一緒に原因となっていることを探ります。一般的にうつ病が発生するときは悩み事、トラブルなど複数の問題を同時に抱えていたケースが多いことがわかっています。カウンセリングでは、それらの問題ごとを一つ一つ検証し、現実的に解決していく方法を考える役割もあります。そのことにより生活や環境の改善がなされて、うつ病の治療にも大きく役立っています。

うつ病を予防するテクニックをカウンセリングで学ぶ

カウンセリングではうつ病に陥ってしまう行動や考え方を変えていくテクニックを学ぶことができます。カウンセラーと話していく中で、本人の生活環境や思考、行動パターンを自覚していきます。そしてカウンセリングを通じて、どのように考え方や行動パターンを変えていけばよいのかアドバイスしていきます。例えば思い込みの激しい人やこだわりが強い人など、考え方に偏りがある人などには、物事を柔軟に考える方法や行動をアドバイスしたりします。カウンセリングでトラブルやストレスへの対処方法を学ぶことで、日常生活の中でトラブルに直面した時や、気持ちが落ち込んだときに、カウンセリングで学んだことを生かして、うつに入りそうな状態から抜け出すのに役立てることができます。